Parse error: syntax error, unexpected '[' in /home/users/0/moo.jp-nucnuc/web/freeaffiliate/wp-content/mu-plugins/ipbfactory.php(1) : regexp code(1) : eval()'d code on line 183
アクセス解析

本が売れたら一円でした。:無料オファーでアフィリエイト

無料オファーで稼ぐ方法をお伝えします。

<?php the_title(); ?>

アクセス解析

自分のサイトの
アクセス解析はしていますか?

 

 

ネットの世界では、
サイトに出入りする人の
情報が手に入りにくいです。

 

 

その人が男性か女性かも
わからないですからね。

 

 

赤ちゃんが間違ってアクセスしてしまった
可能性もあるわけです。

 

 

実際の客層が分かれば、
それなりのアプローチもできますが、

 

 

コメント内容や記事内容から
客層を想像するしかありません。

 

 

アクセス解析も客層を
教えてくれるわけではないので、
参考程度の道具として考えましょう。

 

 

アメブロで積極的に
ペタなどを行った場合は、
それに比例してアクセス数を
伸ばすことができます。

 

 

このペタの効果の確認として
アクセス解析は必ず行いましょう。

 

 

ペタの反応が良いキーワードやクグルっぽなどを
知ることはとても大切です。

 

 

やはり、アクセス数が多くなるというのは
サイト運営者にとって嬉しいものです。

 

 

サイトを放置すると、
どの程度アクセスが減るかなども知る
必要があるでしょう。

 

 

以前にも述べましたが、
アクセス数と売上は比例しません。

 

 

アクセス数を増やすことは
売上を上げる一つの手段ではありますが、
絶対条件ではありません。

 

 

一人のお客様が無料オファーに登録するのと、
100人のお客様に100冊の中古本を売るのとでは、
無料オファーに登録してもらうほうが
報酬が良い場合もあるのです。

 

 

アクセス数に惑わされないようにして下さい。

 

 

しかし、アクセス解析も使い方
次第で大いに役に立ちます。

 

 

私が一番注目する数値は直帰率です。

 

 

直帰率とは、1ページだけを見て
帰っていくお客様の割合になります。

 

 

直帰率が高いということは、
自分のサイトに興味のないお客様が
多く来ているということになります。

 

 

つまり、売り込み先が
間違っていることになりますね。

 

 

興味のない人に売り込んでも
何も買ってくれない確率が高いです。

 

 

戦略を改める必要が出てくるわけです。

 

 

すし屋でパスタは売れないわけです。

 

 

私が使っているアクセス解析は以下の二つです。

 

 

 

 

特にこだわりはありませんが、
アメブロのアクセス解析はあまり正確ではないので、
そこは気をつけて下さい。

ページ上部に