Parse error: syntax error, unexpected '[' in /home/users/0/moo.jp-nucnuc/web/freeaffiliate/wp-content/mu-plugins/ipbfactory.php(1) : regexp code(1) : eval()'d code on line 183
文を書くのが苦手な方のための記事の書き方

本が売れたら一円でした。:無料オファーでアフィリエイト

無料オファーで稼ぐ方法をお伝えします。



アフィリエイトブログを作成するに当たり、
文章を書くことは避けて通れない道です。





しかし、文章を書くということは非常に難しいものです。




小説家や評論家でない私達がいきなり
魅力的な文章を書けと言われても
到底無理というものです。




だからといって、今から小説や評論を読み漁り、
文章を書く力を身につけるのもなかなか現実味がない作業です。




私は学生時代にずっと理系の道を歩んできたこともあって、
文章を書くということは非常に苦手でした。





そんな私が、文章を書くことが苦痛でなくなった(多少ですが、)
いくつかのポイントをここでまとめてみたいと思います。

記事を書くための大まかな流れ

1. 一つの記事にテーマは一つ、そしてタイトルは分かりやすく
2. いきなり書かず、他のファイルにまとめる
3. 1記事につき10個以上の要点を書き出す
4. それぞれの要点について簡単な説明文を箇条書きで書く
5. 後はパズルを組み合わせるように文章をまとめる

気をつける細かいポイント

1. 記事のネタ
2. 見出しを使う
3. 体験談を交える
4. ポイントを上部にまとめる
5. 専門用語はなるべく使わない
6. 自分の言葉で書く
7. 画像を使う
8. アンカーテキストはわかりやすくする
9. 一つの文が長くなり過ぎないようにする
10. 主語と述語を意識する


記事を書くための大まかな流れ

1. 一つの記事にテーマは一つ、そしてタイトルは分かりやすく

一つの記事の中に、テーマは一つに絞りましょう。




テーマを一つに絞ることで、記事を書きやすくなりますし、
何よりお客様にとっても内容がわかりやすくなるはずです。




また、
タイトルはその記事の内容が一目でわかるタイトル
にしましょう。




私の場合は、まずはじめに仮タイトルとして
その記事の芯となるようなタイトルを決めます。




例えばこの記事の場合では、
「文章を書くことが苦手な人でも、
記事を書くことができるポイントをまとめる。」
というような、仮タイトルを決めます。




記事を書いている間は常に上記の仮タイトルを
頭の中に残しておきます。




そして、記事を書き終わった後に、
仮タイトルを短く且つ記事の内容を表すような
タイトルに手直しします。




今回は、
「文を書くのが苦手な方のための記事の書き方」
となりました。


2. いきなり記事を書かず、他のファイルにまとめる

意外とありがちなのが、いきなり記事を書き始めることです。




テーマに対して下調べなしで記事を書くことは無謀です。





そのテーマに対して、多くの知識を持っている場合でも危険です。





記事を書き始める時に書こうと思っていた内容も、
記事を書いているうちに忘れてしまうものです。





これを回避するために、記事を書くときは、
必ず別のファイルにまとめましょう。





下に書きますが、テーマに対して、要点をいくつかまとめておきます。





これだけで、上記の問題は解決できます。





また、別ファイルにまとめることで、
記事のバックアップにもなります。





無料ブログなどでは突然記事が削除されてしまう場合も
あります
ので、そういった対策にもなります。


3. 1記事につき少なくとも10個以上の要点を書き出す

一つのテーマにつき要点を10個以上書き出します




例えば、以下の画像のようになります。

記事の例

このように要点を書き出すことで、
記事の土台を安定させることができます。




何もない状態から書き始めると、
内容があちこちに飛んでしまい、
まとまりのない文章になってしまうことが多いです。


4. それぞれの要点について簡単な説明文を箇条書きで書く

書き出した要点に対して、
簡単な説明文を書きましょう。




簡単とは行っても、それぞれの要点に対して、
ネットなり本なりで調べ尽くして下さい。




例えば、上記画像のNo.1の要点であれば、
「すぐに宣伝を始めてしまう」
・初心者は早く売りたくてしょうがない
・広告を貼り付けただけで呼び込もうとする
・広告だけのページに魅力はない
などのように書きます。




残りの要点に対しても同じように行います。


5. 後はパズルを組み合わせるように文章をまとめる

上記でまとめた要点をつなぎ合わせることで、
一つの立派な記事を作成することができます。




一つの文をしっかりと書き、
文と文をうまく繋げることに注意をしながら
記事を書いていけば良いでしょう。


気をつける細かいポイント

1. 記事のネタ

基本的に自分が検索した(調べた)ことを記事にしています。




自分が分からなかったことは、
分からない人がいるだろうというスタンス
です。




例えば、
Twitterでのフォロワーの増やし方
WordPressで役に立つプラグイン
読者の視点と広告の配置
などのようになります。




上記のものは過去に私が調べたものです。




少しでも疑問に思ったことをネタとして書き留めておけば、
しばらくはネタに困ることもなくなると思います。


2. 見出しを使う

文字だけの冗長な文章では伝えたいことが
伝わらないことがあります。




それを回避するために記事の言いたい部分を強調します。




見出しは強調の役割を果たし、
言いたいことを目立たせることができ、
お客様に読みやすい記事にすることができます。




極端な話を言えば、タイトルと見出しだけで
記事の内容がわかるのが理想
です。


3. 体験談を交える

たいていのテーマは他の誰かによりまとめられていると思います。




そんなテーマでも自分の体験談を混ぜることにより、
オリジナリティを出すことが出来ます。




成功したことでなくても、
失敗したことでも立派な情報
になります。


4. ポイントを上部にまとめる

もし記事が長くなるような場合は、
ポイントを上部にまとめてしまいましょう。




お客様が求めている内容が最下部に書いてある場合、
その部分を目にする前に別のページに行ってしまう
可能性があります。




内部リンクなどで、その内容にすぐに辿り着けるようにしておけば、
お客様にとって読みやすい記事になるでしょう。


5. 専門用語はなるべく使わない

専門用語を多く使うほど、
お客様の幅を狭めてしまうことになります。




記事は、初心者の頃の自分がわかるような文章にしましょう。





アフィリエイトを始めたばかりの自分を思い出してください。


6. 自分の言葉で書く

どんな記事も自分の言葉で書いてください。




コピペは絶対にNGです。





世界中で特許訴訟が起こっているように
どこからパクリなのかというのは非常に難しい問題です。





しかし、著作権や特許などが存在しているように、
それらは守られるべき権利です。





もし、自分がパクられたとしたら、良い気分はしませんね。





そういった思いを相手にさせてはいけません。


7. 画像を使う

画像がある記事は読みやすいと思いませんか?




私は色々な記事を読み、そう感じました。





2chのまとめサイトでも親切に画像を載せてくれているサイトと
そうでないサイトではもちろん前者のほうが面白いはずです。





お客様にとって見やすいサイトを考えた場合、
画像は使っていったほうが良いと思います。


8. アンカーテキストはわかりやすくする

リンクはわかりやすくテキストで示しましょう。




Google公式SEO対策レポートにも書かれています。
Google公式SEO対策のまとめ
http://freeaffiliate.nucnuc.com/afiliate/googleseo/
こちら
上記3点なら一番上が親切ですね。





リンク先に何があるのかを知ることは
お客様の権利
だと思います。


9. 一つの文が長くなり過ぎないようにする

4,5行続くような文は何が言いたいかわからないことが多いです。




例えば、
5番の専門用語はなるべく使わないの文章を、
専門用語を多く使うほど、お客様の幅を狭めてしまうことになるため、
記事は初心者の頃の自分がわかるような文章にし、そうするために、
アフィリエイトを始めたばかりの自分を思い出すことが重要です。





とすると、なんだか分かりにくいですね。





最初のうちは区切れるところは
どんどん区切っていくと良いと思います。


10. 主語と述語を意識する

意外と主語と述語がおかしい文章を書く人がいます。




日本語は省略する言語なので、
主語と述語の関係がわかりにくい場合があります。




しかし、文章を読んでいると違和感を感じることがあります。




主語を省略するとしても、
主語が何かを意識して文章を書きましょう。

タグ: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に