Parse error: syntax error, unexpected '[' in /home/users/0/moo.jp-nucnuc/web/freeaffiliate/wp-content/mu-plugins/ipbfactory.php(1) : regexp code(1) : eval()'d code on line 183
Google公式SEO対策

本が売れたら一円でした。:無料オファーでアフィリエイト

無料オファーで稼ぐ方法をお伝えします。



SEO対策をまとめたサイトはたくさんあります。
その分、多くの情報が溢れていて、
本当に重要なことを見失う可能性があります。




重要な情報を見失わないためにはどうすれば良いか?




実は、Googleが公式のSEO対策をまとめているのです。




検索エンジン最適化 ( SEO ) スターターガイド




Pdf形式になっていますので、
どこかに保存しておきましょう。




どこの誰がSEO対策を語るより、
よっぽど信頼性がありますね。





このSEO対策のレポートを
SEO対策の根本とすれば良いと思います。




これで、どんなサイトを見ても、
SEO対策の根本を見失わないでいられるでしょう。





それでは、
このGoogle公式SEO対策レポートで
抑えておきたい点をまとめたいと思います。




● 各ページに固有の説明文を書く( description メタタグ )
● URLをわかりやすくする
● パンくずリストを作る
● ユーザー用と検索エンジン用の2つのサイトマップを用意する
● リンクはテキストで示す
● 404エラーページも役に立つものにする
● 画像は一つのフォルダにまとめる
● 画像のリンクは推奨されていない
● コメントや掲示板にnofollowを活用する
● ソーシャルメディアサービスを正しく利用する


各ページに固有の説明文を書く( description メタタグ )

allinoneseo
All in One SEO Pack


意外と忘れがちです。




記事を書くのに集中すると、
Descritptionメタタグなどを書くのが面倒くさくなったりします。




しかし、Google公式SEOではちゃんと書きましょうと
書かれています。




しっかりと書きましょう。


URLをわかりやすくする

例えば、
私の無料オファーをまとめているページは
次のようなURLになっています。




http://freeaffiliate.nucnuc.com/freeoffer/




Googleで検索されたとき、
URLも表示されます。




また、検索エンジンもクロールしやすくなるようです。


パンくずリストを作る

パンくずリスト

パンくずリストとは上図のようなものです。



これを作っておけば、多少階層が深くても、
すぐに目的のページへ行くことができます。

ユーザー用と検索エンジン用の2つのサイトマップを用意する

ユーザー用のサイトマップと検索エンジン用の
サイトマップを作りましょう。




検索エンジン向けのサイトマップの
記事はよく見かけますが、
ユーザー向けのものはあまり見ませんね。




お客様にとって便利なサイトになるように、
ユーザー向けのサイトマップも作りましょう。

リンクはテキストで示す

適切なアンカーテキストにし、
リンク先の内容がすぐにわかるものにしましょう。




Google公式SEO対策のまとめ
http://freeaffiliate.nucnuc.com/afiliate/googleseo/
こちら




上記のような場合は、一番上のようにしましょう。

404エラーページも役に立つものにする

サイトを運営しているとどうしても
リンク切れのページが出てきてしまいます。




そのページにお客様がリンクをクリックしてしまうと、
404エラーページに移動します。




このエラーページからも
トップページや人気ページに導けるように
手直ししておきましょう。

画像は一つのフォルダにまとめる

画像を一つのフォルダにまとめることで、
画像へのパスを簡潔にすることができます。




また、画像の形式はJPEG, GIF, PNG, BMPが
推奨されてます。

画像のリンクは推奨されていない

リンクがテキストで十分であればリンクは
テキストに貼りましょう。




もし、画像にリンクを貼る場合は、
altテキストを書きましょう。

コメントや掲示板にnofollowを活用する

コメントや掲示板のリンク先に
Googleがスパムと考えるサイトがある場合、
自分のサイトに悪影響を及ぼす場合があるようです。




そのために、コメントや掲示板は
自動でnofollowとなるようにしましょう。

ソーシャルメディアサービスを正しく利用する

Google公式に、サイトの宣伝は、
ソーシャルメディアサービスを利用しましょうと書かれています。




正しく理解し、と念を押し気味に書かれていますので、
スパム行為になりそうなものはやめましょう。




ただ、twitterやfacebookなどのソーシャルメディアサービスは
どんどん活用していきましょう。

基本的に、Googleもサイトに訪れるお客様のことを中心に考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に