Parse error: syntax error, unexpected '[' in /home/users/0/moo.jp-nucnuc/web/freeaffiliate/wp-content/mu-plugins/ipbfactory.php(1) : regexp code(1) : eval()'d code on line 183
SEO対策よりアメブロ

本が売れたら一円でした。:無料オファーでアフィリエイト

無料オファーで稼ぐ方法をお伝えします。

<?php the_title(); ?>

SEO対策よりアメブロ

SEO対策の勝手なイメージですが、
受身』というのが挙げられないでしょうか。

 

 

SEO対策をして、
検索エンジンから来る客様を待つ。

 

 

こんなイメージです。

 

 

もちろん、SEO対策はお客様の呼び込みに
間違いなく効果があると思います。

 

 

検索エンジンで上位表示できるようになれば、
怖いものなしです。

 

 

しかし、前回の記事でも述べましたが、
SEO対策は意外と難しいです。

 

 

素人が行うと、費用対効果が
非常に小さい場合があります。

 

 

努力の割りに報われないことが多いです。

 

 

そんな状況を打破すべく、
むしろこちらから売り込みに行きましょう。

 

 

努力をするなら、
こういった方面もありです。

 

 

例えるなら、
SEO対策は、きれいに野菜が並べられたおしゃれな八百屋
売り込みは、ちょっと汚いけど店主が大声でお客を呼び込んでいる八百屋
こんな感じでしょうか。

 

 

おしゃれな八百屋も魅力的ですが、
店主がうるさい八百屋も
それはそれで味があって良いと思います。

 

 

自分から宣伝掲示板に宣伝しにいくのも
売り込みの一種になります。

 

 

他にも、同じテーマのブログにコメントしたり、
ツイッターで宣伝する方法もあります。

 

 

しかし、あまりに露骨にやりすぎると
迷惑をかけてしまう場合があるので気をつけましょう。

 

 

売り込みという点で
もっとも優れているのがアメブロです。

 

 

アメブロはmixiやfacebookなどと
同様にソーシャルメディアの一種です。

 

 

ソーシャルメディアというのは
宣伝に非常に適しています。

 

 

芸能人や漫画家なども利用していますね。

 

 

アメブロも同様に色々な宣伝を
行うことができます。

 

 

しかし、アメブロではアフィリエイトの
直接的な宣伝は禁止になっています。

 

 

禁止ですので、アフィリエイトを宣伝していると
いきないブログが削除される場合もあります。

 

 

気をつけましょう。

 

 

では、どのように利用するのが良いのでしょうか?

 

 

それは、自分自身のアフィリエイト用の
サイトに誘導するようなブログを作る
方法が良いでしょう。

 

 

例えば、アフィリエイトの基礎だけまとめ、
実際に稼ぐ方法はこちら(アフィ用のサイト)
といったような内容にすればお客様を
誘導できるはずです。

 

 

では、実際にどのように宣伝すれば
良いかというと、

 

 

例えば、アメブロにはペタという機能があります。

 

 

この機能は、
相手のブログに足跡を残すことができるというものです。

 

 

100人にペタをすれば、
100人があなたのサイトを見る可能性が出てくるわけです。

 

 

下手なキーワードでGoogleの上位に
表示させるより効果があると思います。

 

 

これも売り込みの一種です。

 

 

自動巡回ツールなどを使えば、
ラクにペタをすることもできます。

 

 

自動巡回ツール
Ameba ID Getter

 

 

SEO対策を行い結果を待つよりも、
自分からガンガン宣伝に行くのも
一つの方法です。

 

 

というより、来の商売の形はこちらが正しいのです。

 

 

自ら自社の製品をお客様の元へ売り込みに行く。

 

 

営業周りですね。

 

 

アフィリエイトとはいえ、
商売ですからこういったことが必要なんです。

 

 

アメブロでは、
ペタのほかに読者登録やアメンバー、
ぐるっぽなどの機能がありますので、
色々と試してみるのが良いでしょう。

 

 

無料オファーであれば、
お客様の目に留まるだけで
登録してもらえる可能性があるわけですから、
サイトやブログのGoogle掲載順位を
上げるより売り込みに行ったほうが
売上が出ると思います。

 

 

Googleに頼らず売上を上げることは、
安定した収入にも繋がると思います。

 

 

どんどん積極的に売り込みに行きましょう。

ページ上部に