Parse error: syntax error, unexpected '[' in /home/users/0/moo.jp-nucnuc/web/freeaffiliate/wp-content/mu-plugins/ipbfactory.php(1) : regexp code(1) : eval()'d code on line 183
見やすいサイトデザイン

本が売れたら一円でした。:無料オファーでアフィリエイト

無料オファーで稼ぐ方法をお伝えします。

<?php the_title(); ?>

見やすいサイトデザイン

漫画家は読者の視線の動きを
意識してコマ割を決めていきます。




それと同じように、サイトをデザインする場合、
読み手の目線を意識したサイト作りを行いましょう。




サイト作りにおいて、
私が注意している点をまとめます。




1.読者の視線の動き
2.色合い
3.ページの行き来のしやすさ
4.広告の位置
5.記事の読みやすさ


1.読者の視線の動き

基本的なサイト形式の場合は、
読者の視線は左上から右下に流れます。




この点に関しては様々な調査が行われていますが、
あまり深く考えても意味がないと思いますので、
私は、左上から右下だけを意識しています。




そのため、一番重要なものを左上に置くようにしています。




一番上にはタイトル画像が来るので、
その左下には、記事のタイトルがきます。




そして、その下に記事がきます。




右のサイドバーにはメニューを置きます。




つまり、2カラム右サイドバー形式です。




このサイトが良い例です。




私がアフィリエイトサイトを作る場合は、
いつもこの形式で作成しています。
こちらの記事も参考にしてくさい。
広告の配置と数


2.色合い

サイトを派手にすればするほど、
センスが問われますので、
私のサイトは地味になっています(笑)




サイト全体を地味にしていると、
記事で目立たせたい部分を間単に
目立たせることができます。




太字、下線、大きいフォント、違う色
にするだけで強調することができます。




これが意外と重要です。




記事を全部読むのは、
意外とパワーのいることです。




自分が言いたいことを強調することで、
記事を全部読んでもらえなくても
記事の内容を伝えることができるはずです。


3.ページの行き来のしやすさ

どのページからもどんな記事へ
1クリックで行けるのが理想
としています。




右のサイドバーから色々なページに
リンクできるようになっています。




お客様が来て、
迷わずに、目的の記事にいけることを
意識しています。


4.広告の位置

こちらの記事でも書きましたが、
右サイドバーの上部に広告を設置しています。




たまに、左サイドバーに大きな
縦長の広告を貼っているサイトを見ますが、
その広告に一番はじめに目が行ってしまいますよね。




一番見て欲しいものは
サイトの内容であって、
広告ではありません。




読者の視線を意識しつつ、
広告の位置を決定しましょう。


5.記事の読みやすさ

右サイドバーにメニューがあることから、
文字がなるべく右にいかないところで、
改行するようにしています。




右のメニューが目に入ると
どうしても目移りしてしまうので、
この点に気をつけています。




また、文字を読むのが嫌いなお客様もいるので、
記事の一番言いたい部分は目立つようにしてあります。




流し読みをしても、その部分に
目がいくようにしています。

以上の5点を気をつけてサイトを作成しています。




あくまでも私が勉強した結果なので、
すべてが正しいとはいえません。




人によりサイトの作成方法は異なりますので、
自分にあったサイトデザインを見つけてみてください。




どうすればお客様に自分の書いた記事を読んでもらえるか。




これを考えることがベストなサイトの構成に
つながっていくと思います。

ページ上部に