Parse error: syntax error, unexpected '[' in /home/users/0/moo.jp-nucnuc/web/freeaffiliate/wp-content/mu-plugins/ipbfactory.php(1) : regexp code(1) : eval()'d code on line 183
Twitterのフォロワーの増やし方

本が売れたら一円でした。:無料オファーでアフィリエイト

無料オファーで稼ぐ方法をお伝えします。



Twitterを用いることで、
自分のブログやメルマガに
お客様を誘導することができます。




また、つぶやきに直接
アフィリエイトリンクを貼ることで、
広告を宣伝することができます。

 

 

しかし上記の2点は、
お客様の信頼を得て、
初めて効果が出てくるものです。

 

 

一番の問題は、
twitterを用いて、
お客様の信頼
をどのように得るかです。

 

 

適当なつぶやきにアフィリエイトリンクを貼っても、
誰もクリックなんてしてくれないと思います。

 

 

そんなことを続けていれば、
フォロワーの数が減る一方になると思います。

 

 

その前にフォロワーが集まらないはずです。

 

 

それでは、
お客様の信頼
というのを頭において
フォロワーの増やし方について説明したいと思います。

 

 

まずは、twitterの実態について勉強しましょう。

 

 

Inside Twitter(Twitterの本当の姿)

 

 

このページは、2009年に
ソーシャルメディア調査会社Sysomosがまとめた
Twitterのデータがあります。

 

 

1,150万以上のTwitterユーザーを分析した結果になっています。

 

 

非常に参考になります。

 

 

このページで気になった点を書き出すと、

 

 

・ユーザーのフォロー数はフォロワー数の1.1倍
・1000人のフォロワーがいるユーザーは1日に6回つぶやく
・1750人以上のフォロワーがいるユーザーは1日に10回つぶやく
・93%のユーザーはフォロワー数が100人以下

 

 

になります。

 

 

つまり、フォロワーを増やすためには、
フォロー数を増やす必要があります。

 

 

Twitterのアカウントを取り、
待っているだけでは、
フォロワーは増えません。

 

 

自らどんどんフォローしに行きましょう。

 

 

フォローする人は、
同じジャンルの方にしたほうが良いでしょう。

 

 

いくらフォロワーが増えても、
自分のブログやメルマガ内容に
興味がない方ばかりなら、
意味がありませんからね。

 

 

次に、つぶやきの回数です。

 

 

統計データによると、
フォロワーの数が多ければ多いほど、
つぶやきの回数が多くなるようです。

 

 

このことから、
フォロワー数が少ない時から、
1日に5回以上はつぶやく癖を
つけておきましょう。

 

 

もちろん、機械的なつぶやきでなく、
自分の言葉で書いたつぶやきをしましょう。

 

 

自分のブログなどを持っている場合は、
記事の紹介でも良いでしょう。

 

 

例えば、以下のような感じです。

 

 

twitter宣伝例

 

 

100個の記事があれば、
1ヶ月程度で使いまわして、
上記のような宣伝をするような方法もとれます。

 

 

記事の紹介であれば、
興味のあるタイトルであれば、
お客様がブログに訪れる確率は
グンと上がります。

 

 

もちろん記事の内容は
有益なものである必要はあります。

 

 

最後に、93%以下のユーザーはフォロワー数が100人以下
ということから、
ほとんどのユーザーは上記のようなことを
あまりやっていないと考えられます。

 

 

つまり、続かないということです。

 

 

フォロワー数がなかなか増えず、
辞めてしまうことも多いでしょう。

 

 

やはり継続は力なりです。

 

 

フォロワー数が少なくても、
どんどんフォロー数を増やし、
毎日のつぶやきを忘れずに、
フォロワーを増やしていき、
自分のブログにどんどん
お客様を呼び込みましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

トラックバックURL

ページ上部に