Parse error: syntax error, unexpected '[' in /home/users/0/moo.jp-nucnuc/web/freeaffiliate/wp-content/mu-plugins/ipbfactory.php(1) : regexp code(1) : eval()'d code on line 183
WordPress導入後に行う個人的な設定手順

本が売れたら一円でした。:無料オファーでアフィリエイト

無料オファーで稼ぐ方法をお伝えします。

<?php the_title(); ?>

WordPress導入後に行う個人的な設定手順

WordPressは、
導入後にいくつかの設定をする必要があります。

 

 

その設定は人により異なると思いますが、
私の個人的な設定手順をまとめたいと思います。

 

 

一度、設定手順を決めてしまえば、
WordPressを立ち上げる度に
設定に戸惑うこともなくなります。

WordPressの基本設定

テーマの選択
ブログのタイトル、キャッチフレーズ
pingの送信先の設定
ニックネームの設定
コメント、トラックバックの設定
404ページの設定
お問い合わせフォームの設定

検索エンジン対策のための設定

パーマリンクの設定
検索エンジン用のサイトマップの作成
All in One SEO Packの導入

サイト解析のための設定

ウェブマスターツールに登録
アクセス解析


WordPressの基本設定

テーマの選択

私は、アフィリエイトサイトを作成する場合、2カラム右サイドバーを選びます。
また、トップページからほとんどのページにアクセスできるようにしたいと
考えているため、次のテンプレートを使用しています。

WordPressテーマTCD

皆さんは自分のイメージした、
テンプレートを探して見て下さい。

無料で使えるクオリティの高いWordPressテーマ 150


ブログのタイトル、キャッチフレーズ

「設定」→「一般」でタイトルとキャッチフレーズを設定することができます。

タイトルとキャッチフレーズ

サイトには次のように表示されます。

タイトルとキャッチフレーズ


このテンプレートでは、タイトルとキャッチフレーズは
上記のように表示されます。

タイトルはサイトの顔ですので、
お客様の気を引くタイトルをつけましょう。


pingの送信先の設定

Ping送信先を設定することで記事を投稿するたびに、
自動で更新情報がpingサーバーに投稿されます。
Pingサーバーは検索エンジンのクローラーが頻繁に巡回しているため、
インデックスを早めることができます。
例えばyahooでは以下のようなページがあります。

http://help.yahoo.co.jp/help/jp/blog-search/blog-search-18.html

設定場所は次になります。
「設定」→「投稿設定」→「更新情報サービス」

ping送信先

ping送信先一覧





ニックネームの設定

ニックネームはタイトル、キャッチフレーズと同様にブログ上に表示されます。
覚えやすいニックネームにし、自分の存在をアピールしましょう。
また、デフォルトの設定のままですと、ユーザーIdとニックネームが同じままになってしまいますので、セキュリティ上良くありません。
必ず変更するようにしてください。
設定場所は以下です。
「ユーザー」


コメント、トラックバックの設定

トラックバックとは、リンクをしましたと知らせるための機能です。
もし、この機能を使ったことがないならば、習うより慣れろです。
以下のサイトでトラックバックの練習ができるのでやってみてください。

トラックバックとは?

WordPressでの設定は以下のようにしています。

「設定」→「ディスカッション」

コメントと<br />
トラックバック

一番上に書かれている、この投稿に含まれるすべてのリンクへの通知を試みるにチェックを入れると、記事を更新する度にトラックバックが送信されてしまいますので、ご注意ください。


404ページの設定

もし、リンク切れのページがあり、そこにお客様がアクセスしてしまった場合のために404ページを設定しておきましょう。
私が使っているテンプレートでは、404ページは用意されており、
編集する必要はありません。

404ページ

この場合、トップ画像や右サイドバーから色々なページにアクセスすることができます。
もし、404ページが用意されていないテンプレートを使う場合は、404ページから、トップページや人気ページにアクセスできるようにしておくと良いでしょう。


お問い合わせフォームの設定

お客様と気軽に連絡がとれるように、お問い合わせフォームを設置します。
お客様とやり取りをすることでサイトの信頼度が上がりますので、お問い合わせフォームは設置するようにしましょう。
お問い合わせフォームを設置するプラグインとして、

Contact Form 7

を導入しています。
このように書くと

お問い合わせフォームソース

次のようになります。


お問い合わせフォーム

検索エンジン対策のための設定


パーマリンクの設定

パーマリンクとは、ひとつのページのURLになります。
URLをわかりやすくすることは重要です。
Googleの公式SEO対策レポートでも言われています。
実際の設定は以下のようになります。

「設定」→「パーマリンク設定」

パーマリンク

検索エンジン用のサイトマップの作成

検索エンジンが巡回しやすいように、サイトマップを作成します。
Google Sitemap Generatorを導入すると、簡単にサイトマップを構築することができます。
自動的にサイトマップを更新してくれるので、非常に便利です。

Google Sitemap Generatorダウンロード

サイトマップ

All in One SEO Packの導入

All in One SEO Packはタイトル、metaタグのdescription、キーワードの設定などが簡単に行うことができます。

All in One SEO Packのダウンロード

allinoneseo

サイト解析のための設定


ウェブマスターツールに登録

ウェブマスターツールは、検索エンジンのクロール状況やページのリンク切れ、外部リンクの数などを教えてくれます。
また、サイトマップを送信することで、サイト全体を効率的にクロールさせることができます。

まずはじめにサイトを追加します。
サイトの追加

次にGoogle Sitemap Generatorで作成したサイトマップを送信します。
(「最適化」→「サイトマップ」)
サイトマップの登録

また、以下に私が普段確認しているものを示します。

・HTMLの改善(「最適化」→「HTMLの改善」)
htmlの改善

・クロール エラー(「健全性」→「クロール エラー」)
クロール エラー

・サイトへのリンク(「トラフィック」→「サイトへのリンク」)
サイトへのリンク


アクセス解析

訪問者数や訪問者がどこからやってくるかなどお客様の統計的な情報をえることができます。
自分自身が色々なところで宣伝した結果、どの宣伝が効果的であったかを調べることができます。
以下のページから登録を進めてください。

Google アナリティクス


Google アナリティクス

ページ上部に